鳥井戸自治会

  • HOME »
  • 鳥井戸自治会

鳥井戸自治会の紹介

鳥井戸自治会鳥井戸自治会館 (茅ヶ崎市南湖2-9-10)

●鳥井戸自治会は南湖地区のJR東海道線の南北に有り、古くは浄土宗御霊山西運寺のお十夜が行われた地として知られています。

 

 

●自治会長  大倉哲夫                          

●世帯数   300世帯 

 

“HPを更新しました(7月26日)”

まん延防止等重点措置の延長に次ぐ延長になる中、2年続きの浜降祭中止を受け自治会では神社部を中心に足元を見直すいい機会ととらえ、様々検討を行ってきています。

自治会としての課題を洗いなおす中で上がった一つが老朽化著しい行燈の更新についてでした。様々協議の結果、「献灯行燈」と称して広く地域住民の皆さんに協賛をいただき70基の行燈をすべて手作りで新調するという内容でした。

今回紹介するのが、7月18日に開催した「コロナ退散祈願、献灯行燈と神輿のお披露目」です。

hp用2021会長年始あいさつ
2021年度事業計画
献灯行灯お披露目実施報告
献灯行灯、神輿お披露目2

 

 

 

 

 

 

活動行事報告(実績)

鳥井戸自治会2016

鳥井戸自治会2017

鳥井戸自治会2018

鳥井戸自治会2019

 

鳥井戸自治会

 

PAGETOP
Copyright © 南湖地区まちぢから協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.