2017年コミセン企画事業(7)は「ロシア民謡とともに」と題したクリスマスコンサートでした。ロシア民族音楽&舞踊&美しい民族衣装が一体となったステージを大いに楽しみました。

日時:平成29年12月10日(日)13:30〜14:40
場所:小出地区コミュニティセンター 大会議室
出演:ロシア民族音楽&舞踊アンサンブル「ガルモーシカ」のみなさん

ご案内の回覧チラシはこちらです。

トカレフさんの朗々と響きわたる「ステンカラージン」です。約130名の方々が来てくださり、大会議室がいっぱいになりました。

バラライカとガルモーシカ(アコーディオン)の演奏に合わせて歌い踊ります。

ロシア民族舞踊「乙女のショール」のダンスです。美しい!

ロシアのお笑いを日本語で歌います。「わたしは力持ち、男なんて…彼の肩をちょっとつついたら、アラアラどっかへ飛んでった!」

みなさん大爆笑。「チャストウシカ」というコント歌謡だそうです。今の日本だったらギター伴奏で語る「みやぞん」てところでしょうか。

ロシアの踊り歌「カリンカ」の歌とダンス、そして会場のみなさんの手拍子で最高に盛り上がりました。

アンコールの拍手がなりやまず、この後「聖夜(聖しこの夜)」をトランペット演奏してくださいました。

終演後、コミセンスタッフとともにお茶タイムを楽しみました。ポノマレンコさん、トカレフさん、チェレパノワさん、そしてクリコフさん(先にお帰りになったので写ってませんが)ありがとうございました。