秋晴れの爽やかな日曜日、平成29年度の「小出地区総合防災訓練」が行なわれました。
★日時:平成29年10月1日(日)8:00〜12:00
★場所:小出小学校(グラウンド、体育館、校舎1F校長室、2Fランチルーム)
350名以上の方々(想定外!)に参加していただき、予断を許さない大災害の「減災」に向けて、微力ではありますがお一人お一人の心の準備のお手伝いができたのではないかと思っております。参加・ご協力いただいた皆様方、本当にありがとうございました。

8時45分に「震度6強」の地震発生の想定で訓練がスタートしました。避難所の小学校に集合し、本部テントに参加人数(避難者数)を報告し、9時半から訓練開始式が行なわれました。

旗を先頭に自治会ごとに集合です。

いよいよ訓練スタート。煙体験するこどもたち「前が見えなくてこわかった〜」。

校舎2Fランチルームを「小出地区災害対策本部」、1F校長室を「茅ヶ崎市災害対策本部」として、安否確認等の「情報受伝達訓練」を行いました。

水消火器を使った「初期消火」の訓練です。

傷病者を毛布を使った担架で運びます。(搬送訓練)

三角巾を使用して「応急手当」の訓練です。レジ袋も包帯の保護に使えるんですよ。

体育館で消防署の職員からAEDの説明を受けています。

懸命に心肺蘇生(心臓マッサージ)の練習をしました。

訓練もそろそろ終了し、温かい豚汁の準備です。

消防団の皆さんご苦労様でした。美味い!おかわりいいかな?

「他地区ではこんなに大勢の参加者はありません…」夜光副市長の講評で閉会となりました。ありがとうございました。