平成元年10月20日(日)、鶴嶺東コミュニティセンターにおいて県立・吹奏楽部の皆さんによる吹奏楽コンサートが開催されました。
吹奏楽部の皆さんとは、昨年、当館が開館15周年を迎えた記念事業としてご出演いただいてからのご縁で、地域の皆さんに大好評であったことから、今年度もコンサートを開催していただくことになりました。
「秋の童謡メドレー」ではじまり、「きよしのずんどこ節」、サザンオールスターズの”チャコの海岸物語”で始まるメドレーや、美空ひばりの懐かしの名曲の数々へと続きました。
幸い日曜日でもあったことから、お子様からご高齢の方々までご家族おそろいで大いに生演奏を楽しまれ、思わず口ずさんだり、体でリズムをとったりと楽しいひとときを過ごすことができました。アンコールは、東京オリンピック2020応援ソング「パプリカ」でした。
楽しさいっぱい、元気いっぱいのコンサートを指導された渡辺先生から「生徒と共に皆様に音楽をお届け出来るのは大きな喜びです」と次へを予感させるお話をいただきました。

鶴嶺高等学校・吹奏楽部の皆さん!ありがとうございました。(鶴嶺東コミセン・事業部)

コンサート会場のひとこま