第36回NHK杯全国中学校放送コンテスト」全国大会の「アナウンス」部門に、神奈川県代表として北陽中学校(原田和子校長先生)の海津さん、後藤さん、木村さんの3人の作品がエントリーされました。

☆日時(予選・決勝ともに、あらかじめ提出されたCD/DVDで審査します。)
予選:令和元年8月3日(土)、4日(日) ー非公開ー
決勝:令和元年8月16日(金)ー公開(9:00〜17:00)ー
※ 決勝の審査会場ー千代田放送会館2Fホール(東京都千代田区)

こちらが海津さんのアナウンス原稿です。(クリックでPDF拡大表示されます。)

こちらが後藤さんのアナウンス原稿です。(クリックでPDF拡大表示されます。)

そして木村さんのアナウンス原稿です。(クリックでPDF拡大表示されます。)

中学生の皆さんに地元の話題を取り上げていただけるのは本当に嬉しいことです。短い文章の制限の中で、ポイントを掴んで記述されていると思います。全国大会のご健闘をお祈りしております。本当に有難うございました。(原稿は原田校長先生、生徒本人と保護者の方の了解を得て表示させていただいています。)

(追記:8月12日に原田校長先生より追加の報告がありましたのでそのまま掲載します。)
「全国大会には、全国から225本のアナウンスが集まったのですが、そのうち全国大会の決勝に残れるのは、30本だけであったため、残念ながら、3人の作品は決勝に進めませんでした。
ただ、朗読のほうは、アナウンスよりも厳しい269分の30という確率の中、昨年度と同様、男子1名が全国大会の決勝に残れたので、8月16日(金)の18時のNHKニュースで一瞬だけテレビに映るかもしれません。」