小出地区青少年育成推進協議会主催の「推進協まつり(愛称「子ども大会」)が行われました。

日時:平成29年10月21日(土)9:30〜13:00
場所:小出小学校 体育館・中庭

開会式の後、最初は「リトルフラッグス」の演技から始まりました。

続いて「ビーポップキッズダンス」の皆さんです。見ているこちらまで自然に手足が動きます。

いよいよ本日のメインイベント、日本のジャグリングブームに火をつけた第一人者「ミスターアパッチ」さんのジャグリングのパフォーマンスです。

飛び入り参加のXXXXくんもみごとにボールをキャッチ!

5本のクラブ(棍棒)を自在に操ります。お見事!

最後は梯子の上でのジャグリング。皆さん目が点、そして大喝采でした。

ミスターアパッチさんと一緒に記念撮影です。「私もジャグラーになれるかな?」

11:00〜13:00は遊びの「スタンプラリー」の時間です。これは「紙飛行機でシュート」。皆さん昨年より上手になってますよ。

遅ればせながら茅ヶ崎市長服部信明様がお祝いにかけつけてくださいました。子どもたちが楽しんでいる様子を見て市長さんも嬉しそうです。

いつも大人気の「ストラックアウト」です。

こちらは「フリスビー投げ」めざせ50点!

手作りコーナー(「ペットボトル空気砲」「古ハガキで工作」)も人気です。

12:00に地元の「芹沢祭囃子保存会」による太鼓演奏がありました。ドドンコ、ドドンコ!

鉄道模型コーナーで食い入るように列車を見つめる小さい子達です。

あいにくの雨天にもかかわらず、大勢の子供達の参加と関係諸団体様のご協力のおかげで楽しい一日を過ごすことができました。本当にありがとうございました。来年も今年以上の「遊ぶ」「学ぶ」「食べる」を考えたいと思いますので楽しみにしていてくださいね。See you Next Year !

 本年の推進協まつり子ども大会は、あいにくの雨天の中で行われました。
学校のお計らいで、体育館はもとより正面玄関から校長室、職員室前の廊下、調理室等を開放していただきました。
 中庭を使えなくても、地元のフラッグ・チームやダンシング・チームの演技披露、ミスター・アパッチさんの大道芸そして芹沢祭囃子太鼓の披露、スタンプラリー等を楽しみ、格安の焼きそば等の模擬店でお腹を満たし、小出ならではの心温まる「まつり」を堪能していただいたと思います。
 
 小出地区まちぢから協議会の自治会連合会、コミセン運営委員会を始め所属団体の皆さまのご協力と、里山公園地域連絡協議会の全面的な応援に、心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 
小出地区青少年育成推進協議会会長 鈴木 暹